中高年の厳しい転職活動を乗り切る方法


キャプチャ6.JPG


中高年は前職の賃金が高いため、どうしても年収が高い仕事を探す傾向にあります。


家のローン、車のローン、教育資金や介護費用など一番お金がかかる年代です。


転職を考える場合あなたが譲れない条件を一番先に考えてください。


仕事内容

年収

勤務地

スキルアップなど


何を優先するかにより受けられる会社が決まってきます。


また、中高年の求職数は若い人に比べ少ないので、ハローワーク以外、転職支援会社(民間職業紹介)を積極的に活用しましょう。


社会人経験がある中高年ならではの仕事がきっとみつかるはずです。



転職は難しくない


11.JPG


転職すると聞いただけで「まあ大変ですね~」とおっしゃる方がいます。


確かに中高年ともなれば間口はとても狭いですし、条件がよければ面接者の数も当然多くなります。


1人の採用枠に何百という履歴書が送られてくることもあります。


その中で面接までこぎつけることは容易なことではありません。


ですが、一番の問題はあなたのメンタルにあります。


つまり

「自分は採用されないんじゃないか」

「この年だから無理だろう」

「自分にはこの仕事はできない」


そんなふうに最初からできない、受からないと決めつけて就職活動をしっかりやらない人が多いのです。


実際に書類を送った数が5~6社程度、面接まで行ったのは1社とかでは、採用される確率はかなり低くなります。


やはり中高年は数をあたることが大事です。  


キャプチャ4.JPG


書類はワードで作成しておけば、提出の際少し変えるだけですぐ使えますので用意しておきましょう。


面接を何社も受け採用されないと、精神的に辛くなるお気持ちは良くわかります。


ですが、目的は就職です。


まず

「自分は必ず受かる」

「転職なんて簡単」

「私にはできる」

そう信じきって転職活動をすることです。

6.JPG


・気を抜かない


面接で大方採否は決まっているのですが、競い合っているときとか、判断に迷っているときなどは、最後に別れが大切です。


挨拶はしっかりやりましょう。


これは面接官に対する感謝の気持ちです。

「本日は貴重な時間を面接して頂き、ありがとうございました」

退出するときも、「失礼します」と一礼を忘れずに。



・応募書類


18.JPG


応募書類はワープロが流行っているが効率を考えてワープロになっていると思われますが、本当は自筆が望ましのです。


しかし、いくつも受ける場合は大変です。


ワープロも止むを得ないと思います。


仕方がないとしても、履歴書の使い回しはよくありません。


一つ一つ面接日に合わせて作成年月日を記入しましょう。


写真もしっかりしたものを貼りましょう。


自筆はその人物像がわかるので、字に自信があれば自筆にしましょう。


経歴書などはワープロでOK です。


問題は内容です。


時系列にするか、内容別にするか見やすくする、解りやすい表現にする、説得力のある書き方になっているか、面接官の頭の中にスーッと入る書き方がベストです。



いろいろ形式的なことがありますが、最後は人物です。


形式も人物を反映しているものと見なされます。


仕事をするのは、その人ですから、一度採用すると、そうそう簡単に辞めさせることはできません。


本人に責任があれば別ですが、とくに学卒の場合は、可能性があるという前提で採用しているので、仕事をしないとその可能性が見えて来ません。


ですから、採用された場合は、できるだけ早くその可能性を示すことが大切です。


マインドが、足踏みしていてはよくありません。


社会人としての自覚と責任を持つことです。



面接の答えに「マインド」と「逆質問」が大切な理由


キャプチャ.JPG


・私のよいところは、例えば、

・忍耐力には自信がありますとか、

・改善意欲は常に心がけていますとか、

・自己啓発に努めていますとか、

・協調性を持って進めることができますとか、


希望する仕事をする上で、大切と思われるマインドを1つか2つ強調してもよいでしょう。


それを体験・経験の裏付けがあって話すのです。


企業はチームプレーで成り立っていますから、協調性はどんな場面でも求められます。それを体験の中から話が出来ればベストです。


研究開発などの独創性を求められる職種でも、一人では実現できません。


協調性の上に立った独創性です。


くれぐれも言葉遊びにならないように、○○ができますと言って、ホントかなーと思われないように注意してください。


面接時間が長ければ長いほど、人物像がはっきりしてきますので、付け焼刃は通じなくなります。普段通りの姿を見せるしかありません。



逆質問について


会社のことについて質問してもよいことは何か

・ 仕事に関係することだけを質問しましょう。


面接官・経営者の人物・趣味などを聞く人がおりますが、これは全くお門違いです。


的はずれな質問にならないように注意してください。


会社に入るための面接ですから、面接官への人物質問は主客が逆転します。


興味があっても禁句です。それは密かに感じ取り判断材料にすればいいのです。


お互い見合いの席ですが、面接官は採否の人事権を持っています。


応募者は入らない権利はあっても、入る権利は合格しないと与えられません。


せめて内定後に辞退したいものです。

・ ホームページや会社案内で事前に確認した中で、更に聞いて

・ おきたいことを掘り下げて聞くのがよいでしょう。

(これはよく調べているな、なるほど、いいところを突くな、となるのです。)


福利厚生や労働条件をあまり聞くことはよくありません。


志望動機がどこにあるか疑われるのが落ちです。


実は面接官は相手の質問の程度で、力量を判断しています。


的はずれな質問は論外ですが、この程度の質問では、レベルはこの程度かと値踏みしているのです。


もっと知りたい場合は面接官が逆質問します。

キャプチャ6.JPG


・ あらかじめ質問に応えられるように履歴書やメモを用意して良いかは、面接官に確認してから、準備しましょう。

(これは全て記憶で話をしようとすると、ど忘れしたときに困りますので、上がらないための対策です)


・ 面接官は自分の興味のあることを聞いて来ますので、ストーリーを事前に用意する必要はありません。

(ストーリーを考えておくと、その通りに話せないときに、パニックになる可能性があるのです。全て記憶に頼るようにするのは危険があります。)


・ 話のスピードはゆっくりとしましょう。知らない人に話をするのですから、面接官に話が理解できるようにすることが大切です。

(これにより落ち着いていることをアピールすることができます)


・ 自分の知っていることは、自信を持って話せばいいのです。


・ 知らないことは、分かりませんとはっきりしたほうがよいのです。もし、質問が解らない場合は、「○○ということでしょうか、このような意味ですか」などと面接官に質問して確かめることが大切です。

(質問の方向と違った答え方をすると、適切に理解していない人と見られますので、誤解を解くのに時間がかかり、印象が悪くなってしまいます。面接官はあえて、相手の理解力を知るために、あいまいな質問をすることがあります。)


面接官の目を見て話すのが一番大切です。

これはアイコンタクトで、相手を知りたい、お互いにコミュニケーションを取りたいと思っていることを示すことですから、その会社に入りたいと言っているのと同じです。

嫌なものからは自然と目がそれるものです。

面接官が複数人であっても、必ず質問した人の目を見て話しましょう。


・ 貴方しか知らない、体験・経験は自信を持って話しましょう。

面接官は面接の経験は豊富ですが、知らないことが多いのです。

世の中の貴重な体験・経験は面接を受けている人の方が当然多いのです。

もちろん自慢話になってはいけません。控え目に話すのがよいのです。


自信があることと、その経験を自慢することは別のことですので注意してください。


面接者がもっと知りたい場合は、質問を重ねてきますが、本題から離れないように注意してください。


ついついプライベートなことを次々と話してしまうことになりますが、この話の中に落し穴があります。


面接者はマイナス要因がないかを注視していますので、注意してください。


面接の本題は私という人物を知ってもらうことです。


18.JPG


エントリーシートで書いた自己分析や長所・短所のところで質問されます。


・ これまでの経験から何を学んだのか、

・ なぜ当社を選んだのか

・ 入社して何をやりたいと思っているのか


志望動機や目標をしっかりと説明できることが重要です。


得意なこと・長所は説明しやすいのですが、短所はなかなか説明しにくいものです。


しかし、短所を冷静に自覚していて、それをカバーすること、注意することまで考えて話せばかなりの説得力があります。


完璧な人はおりませんから、短所があって当然です。それを自覚しているか、それをいい方向から捉えることができるかです。


いろいろ資格を取っている人がおりますが、資格だけで人物は判りません。


資格を取った動機が何かを面接官は知りたいのです。


必要な資格のみを書けば十分です。


よく受験中ですとか、一次合格だけで、資格を明記したりする人がいますが、それは本当に資格ですかと疑問に思われるだけです。


むしろ勉強として趣味でやっていますの方が素直な感じがします。


受験中や一次合格だけでは自慢話となるだけです。


服装は背広を着て、ネクタイを締め、ボタンをはめて、髪をセットして、よそいきのカッコだけは大事にしましょう。


直前になって、汗を拭き拭き面接することがないようにしましょう。


見た目が9割と言われています。


足元から値踏みされるご時世ですから。

面接が「儀式」だと言える理由とその常識


キャプチャ2.JPG


就活生の皆さんは、日々就活に忙しい毎日を送っている事と思います。


あなたがエントリーをしてから筆記試験に合格して、晴れて面接する機会に恵まれたことを嬉しく思います。


ここまで来るまでには多くの就活生が不合格となっていることでしょう。


しかし、本番はこれからです。


安心する訳にはいきません。


ここで面接のポイントを掴んで、見事内定を勝ち取っていただきたいと思います。



面接が好きな人はいない!

14.JPG


誰でも面接を受けることは苦手で好きではないと思います。


初めて会う人とは誰しもが緊張するものです。


なかなか普段通りにはいかないものです。


実は面接する方も面接が好きではないのです。


同じような緊張感を持ちますし、知らない人と話すことは多少でも疲れるものです。


面接はお見合いみたいなものですから、互いに相手を評価するのですが、人を評価するというのはあまり気持ちがいいものではあはりません。


採用するか、しないか、この会社がよいのかどうか、面接はお互いに確かめ合うための止むを得ない儀式のようなものと思っています。


ですから儀式としての手順というか、常識は外す訳にはいきません。


儀式としての常識とは?

キャプチャ3.JPG



面接は儀式ですから、就活生であっても、大人としての一般常識は

備えておかないといけません。


・ 訪問したときの挨拶は、まずは受付で

○○時から面接のために来ました。○○です。よろしくお願いします

と言ったほうがよいです。


・ 室に案内されたとき

中に面接官の人がすでに居れば、ノックして、再度挨拶します。

先に入り、後から面接官の人が来た場合は、立って「○○です。よろしくお願いします」と挨拶し、面接官に着座を勧められてから貴方は座りましょう。


・ お茶を飲むタイミング

面接では喉が乾きますが、訪問前に飲んでおいた方がよいです。

面接では自分から先に飲まず、面接官に促されてから、飲むようにしましょう。

(儀式ですが、余裕があるところを見せることができます)