研究内容の説明

第三条.研究の内容を説明するときは、苦労した点を入れて話す

研究内容の説明ではさらさらと研究の流れを説明しがちですが、「ここで問題が発生し上手くいかなくなったが、こういう工夫をしたら上手くいった」という話を入れて欲しいです。

研究とはなかなか上手くいかないものです。
ですので、会社側は困難に直面したとき自分で解決策を見つけて克服できる人材かどうかを見極めたいと思っています。

そういう意味で、自分の研究での一番の困難とそれを克服した方法を上手く説明できるようにまとめておいてください。
説明するときはついつい上手くできたことばかりを説明しがちになりますが、面接官は克服した過程にも興味があります。

いきなり訊かれると結構答えに困る質問です。人間性をアピールする意味でも、苦労した点を訊かれた時の答えは必ず用意しておいてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。