採用人事が本当のプロフェッショナルかどうか?

7.JPG


よく、採用人事は“人を判断するプロ”と思われますが、正直言いますと、“100人中1人いるかいないかの人”は、誰が面接しても疑いようがなく内定を出すレベルなので、その人を見つけることは誰でもできる簡単なことなのです。


採用人事が本当のプロフェッショナルかどうかは、

「“自社のブランド力”を正確に見極め採用戦略を設計するところ」と、

「採用母集団を大きくする仕掛け作り」

が最も重要なところです。


それぞれの企業が置かれている状況(内定予定人数は?自社の学生からの人気度合いは?)でどのように採用戦略を立てていくのか、ここであなたにしっかりと理解しておいてもらいたいことは、採用活動においては、


人気企業は

いかにして100人中1 人の人を内定者として確保するのか

ということを考えている。


ということです。


4.JPG


そして、100人中99%の人は、内定をもらうところまではいかず、

その人のレベル”と、

(失礼なことを言ってごめんなさい。本当のところを理解してもらった方がいいですので…)


企業のブランド力”が一致した企業から内定をもらうことができることになります。


※たとえば、100人中20番目の就職活動生であれば、20番目までを内定を出す対象にしている企業から内定をもらえます。


そこで、あなたが今、志望している企業はどういう企業なのかもう一度考えてみてください。


一部上場で、就職活動生であれば誰もが知っている企業であれば、ほとんどの場合はこの“100人中1 人いるかいないかの学生”にしか内定を出さない企業だと思います。(1000人以上の内定者を出す一部金融業界を除きます。)


恐らくあなたはそういう人気企業を志望していますよね。



18.JPG



ということは、あなたは“100人中1 人いるかいないかの内定レベルの学生”である必要がありますが、どうでしょうか?


客観的に自分のレベルを知ることは難しいと思いますので、

100人中1 人いるかいないかの人

というのがどういう人なのか、イメージを持ってもらうために説明しますと、“100人中1 人いるかいないかの人”というのは、

どこの業界の、どこの人事が面接しても落ちることがない人”です。


あなたも、先輩や大学の就職課の人などに、こんなことを聞いたことがあると思います。


受かる人はどこを受けても受かる」と。


これは事実です。


10.JPG


こういう人が“100人中1 人”くらいいるのです。


人気企業の採用人事は、こういう人に最終的に内定を出そうとしますし、人気企業同士でこういう人の奪い合いをします。


ここまでの説明までで、あなたにはもう一つ疑問が湧いてくると思います。


人気企業であれば、内定予定人数に合わせたエントリー数(=採用母集団)だけを確保すれば良いだけなのに、なぜ何十倍もの就職活動生をエントリーさせる必要があるのか?


例えば、上記でいうと、60人の内定予定人数であれば、一次面接に進む学生は600人確保すればいいのですが、にも関わらず、その会社にエントリーしている学生は40000人にもなっています。


実に66.6倍です。


一次面接受験者として確保しないといけない人数の66.6倍です。


したがって、筆記試験での合格率は、下記の計算式の通り、1.76%に設定せざるを得なくなるのです。


40000人(エントリー人数)×85%(筆記試験受験率)=34000人(筆記試験受験者数)

600人(筆記試験通過人数)÷34000人(筆記試験受験者数)×100

=1.76%(筆記試験合格率)


これは1.76%という合格率を最初に決めているわけではなく、一次面接の日程と、対応できる社員の人数を考え、さらに上記のように内定予定人数から一次面接を受けてもらうべき人数を計算して、600人前後を一次面接の対象人数としていますので、結果的に1.76%という非常に低い数字になっているのです。


6.JPG


では、先ほどの質問に戻りますと、600人に一次面接を受けてもらい、60人の内定者を確保するために、なぜ66.6倍の40000人もの就職活動生にエントリーさせるのか?


ここまで理解していただいたあなたならもうお分かりだと思いますが、人気企業であれば、優秀な学生を内定予定人数だけ確保することはとても簡単なことです。


にも関わらず、企業はより多くの人に、自社にエントリーしてもらうことを促がしていきます。


ここからが就職活動業界全体の構図を理解するために、重要なことになってきますので、しっかり、理解して下さいね。