グループディスカッションを勝ち抜くために必要な3つのポイント

17.JPG

ESの提出も済んで無事通過すれば、
次のステップとなる面接やGD(グループディスカッション)に進みます。

ESの提出が終わって次に進んでいる学生さんだけ、
ここから先を読んでくださいね。

さて、
グループディスカッションを勝ち抜くためには!です。

ポイントはたった3つです。

(1)発言する
(2)自分の得意な「役割」をする=不得意な「役割」をしない
(3)参加者全体で創り上げる

まず大前提として、企業によってGDの評価は加点方式・減点方式・加減点方式と分かれますが、
結果はどの方式でもあまり変わりません。

発言した時に採用担当者が鉛筆を動かしたとか
チラチラ見なくても大丈夫です。

それでは細かいポイントに。

(1)発言する

これは必須です。
どんなGDでも発言しない=ご縁が無かったことになります。

他の人に司会とかリーダの役割を取られたりしても、
メンバとしてきちんと発言することが大事です。

発言内容はGDの話題に関して自分の考えを
・結論を先に言う
・理由を簡潔に述べる
・枝葉末節ではなく幹(主題)に関して述べる
ことです。

(2)自分の得意な「役割」をする=不得意な「役割」をしない

リーダーに適する人、縁の下の力持ちに適する人、
など企業は様々なタイプの人材を求めています。

もちろん企業によってリーダを多く採用したいとか、
寡黙だが研究者とか技術者とかをたくさん採用したいとかの偏りはありますが、
通常様々なタイプの「人」で成り立っています。

GDはミニチーム・グループでどんな振る舞いをするのか?を見ているので、
リーダだけが次のステップに進むわけではありません。

しゃべりがあまり得意でない学生の場合は、
書記(ホワイトボードに書く・ポストイットを書くので貼り付ける)係をして、
全体の意見を振り分けたり、

まとめ上げていくことも重要な役割です。

・単純に書く、貼るだけではなく、似た意見をまとめるとか、
議論の方向がずれ始めたら修正することも会社にとって重要です

(会社を正しい方向に進めていくというのは意外と重要なことです)

司会やリーダでなくとも
「与えられた議論に貢献している」
ことをきちんとアピールしましょう!

大人しくて人前でガツガツしゃべるのが得意でない人は、
是非「目立つ」後方支援の係になるのも得策かもしれません。

(3)参加者全体で創り上げる

賛成意見、反対意見、発言の多い人少ない人、
様々なケースがあると思います。

大事なのは、発言していない人がいれば、
司会・リーダの話を少し止めて、
(発言していない)○○さんはどう思いますか?等、話を振っていきましょう。

GD参加者全員で1つの会社(運命共同体)としたときに、
・たまたま発言していない人を切り捨てる
・議論に参加させて戦力化すること
のと、どっちが会社にとって大事でしょうか?

もし後半になってもまだ発言していない人がいたら、
一度気にかけてみましょう。