就活のスタート時期に大切な3つのこと

今の時期(スタート時期)で就活って何が大切なのか3つ書いてみますね。

13.JPG

(1)今の時期は不安だらけです

どんな業界?どんな仕事?ってまだまだモヤっとしていて、わからないことだらけだと思います。
なので、

・多くのOB/OG、異業種の人と会って話す

ことが大事です。もちろん就活という切り口でも、
人生と言う切り口でもなんでも構いません。

いろんな考え方を聞き、語り、吸収して就活に活かせる最後のチャンスです。

(2)間口を狭めない

大学や短大で●●を勉強して来たから、
それを活かした仕事をしたい!と思うのは当たり前です。

ただし、就職は勉強とことなり、労働して対価を得るところ、
なのであくまでも勉強を活かすところではありません。

活かすことが出来れば有利ですが、就活スタート時期から、営業だけに絞るとか、
ITの●●言語開発だけに絞るとかにすると、就活後半になって苦しくなります。

最初は自分の適性を見るためにも、社会をあまり知らないという意味でも、

・決めつけで間口を狭め過ぎない

ことが大事だと思います(一部の専門職(医業・研究開発・法律系)は別ですが)。

(3)数多くの企業に接する

就活って残念ながら企業が学生を選ぶ場になっています。

そのため学生さんからのアプローチが無いと始まりません。

いろんな会社にアクセスるのってほんとめんどくさいと思いますが、
様々な業種、様々な企業に接してESいっぱい出して、
まずは書類選考を通過して一次面接(グループディスカッション)まで進んでください。

そのためには、数打ちゃ当たるのも戦法のひとつになりますので、

・まずは数多くの企業にアプローチする

ことが大事だと思います。

そのためには、3月のスタート時期には、

・エントリーシートの完成度が超重要

になります。

どんなエントリーシートが良いか(悪いか)、も前に書いていますので、
見てみてください。