採用担当者に響くエントリーシートの書き方と例はこれ!

今回は採用担当者に響くエントリーシートの書き方と例を紹介します。

7.JPG

2月。
企業は今くらいの時期から、インターンとか就活(採用活動)とかが活発になるので、
人事部ってどこでも一時的に増員されます。

僕は特に1次対応(たくさんのES見たり面接する)係になっているので、
就活で悩んでいる人がいれば、少しはお役に立てるかもしれません。

今3年生の人は、そろそろES提出や説明会の始まる時期なので、
体調崩さず頑張って下さいね。

2月に入って就活生はそろそろESを作り始めているんじゃないでしょうか。

そこで1つ問題です。ESで
・自己PRしてください
というお題に対して、あなたはどう答えますか?

サンプルをどうぞ。

◆自己PRのヒント
最初に結論を書きましょう。
次にその根拠や理由を具体的に述べましょう。(字数制限に合わせて)

◆解答例A
私は強いリーダーシップを兼ね備えています。
なぜなら、バレーボール部のキャプテンをしてみんなをまとめて2部に昇格出来たことと、
飲食店のアルバイトでチーフリーダーとして学生ながらホールを任されたからです。
これらのリーダーシップ経験を活かして、御社で活躍したいと考えています。

就活生のみなさん。

この解答例Aだと、どこが採用担当者に響かないか分かりますか?

少し考えてみてください。

下記は△となる、まあまあの例です。

私は強いリーダーシップを兼ね備えています。
一例として、万年3部だったバレーボール部を、
私がキャプテンに就任して9ヶ月で2部に昇格させました。
練習方法の改善や外部コーチの招聘などあらゆる手段を取り入れた成果で、
メンバーからも学校からも私のリーダーシップ対する評価は高いです。
このリーダーシップ経験や改善経験を活かして、
御社で活躍したいと考えています。

かなり良い例は以下の通りです。

私はリーダーとしてまとめあげる力を持っている。
大学の公式バレーボール部のキャプテンに就任した時は万年下部リーグであったが、
メンバーと今シーズンの目標を2部への昇格と定め、
何をすべきかを議論し合意を得てクラブ運営した。

反対意見での衝突もあったが、
当初の目標に立ち返りゴールのための手段がメンバーで意見が異なるだけだという結論にいたり、
可能な限りのメンバーのアイデアや意見を取り入れ実戦することにした。

(具体的には、これまで自分たちだけで練習メニューを組み立てて来たが、
他チームからの臨時コーチの招聘して外部意見の導入や、
練習試合のビデオによる振り返りをもとにして翌週の練習メニューを作成し、
プラン→実戦/試合→チェックを繰り返すこと等。)

これまでのやらされ感から、自分たちで作り上げるクラブに変身していき、
メンバー同士の一体感や連携を産み出すことに成功し、
それらは少しずつではあるが試合結果にも結び付いた。

9ヶ月掛かったものの、当初目標の2部への昇格を果たすことができた。

私はこの経験から、チームプレーは一朝一夕には成り立たないことと、
メンバーひとりひとりの力や知の結集が、
グループとしての成果に結び付くことを実戦で学び、
まとめあげる力を備えることが出来た。