面接体験記:ダメだった理由を自己分析してみてわかったこと

11.JPG

今回は、Aさんの面接体験です。

==================================
今日は午前中1社面接と、午後からアルバイトでオペラの字幕操作してきました
公演中に留守電が入ってて、今日受けた会社、ダメだったそうです

まだお見送り理由をちゃんと聞けてないのでなんとも言えないのですが…
今回の会社さんは、退職理由をある程度真実を伝えた方が良いとエージェントさんからアドバイスされたので、

体調を崩しての退職だったことを漠然と伝えての面接内容だったので
やっぱりそこかなって思ってます

これから何社も落とされるのも覚悟したはずなのに、
やっぱりちょっとへこみました

面接の感触は悪くなかったし、今の自分はある程度だせたと思っていたので、
余計にへこみがおっきかったのかなって

なんとなく不安な気持ちになって、
もう私一生就職なんか出来ないんじゃないかなって思ったり…

誰かに寄りかかりたくなっちゃうのも自分の弱さだなって
でもまだまだ面接は待ってるし、
落ち込んでちゃいけないのも分かってるし

今日だけは凹みにヘコんで、明日からはまた前を向いて頑張ります

今日だけはちょっと泣いちゃう゚。(p>∧

凹んでましたが、単純なので立ち直りました

皆さんからのコメントも、すごく励ましになりました

本当にありがとうございました

落ち込んでたって仕事が決まるわけじゃなし
次にいきます

ただ、反省点としては、

12.JPG

≪企業研究不足≫
面接前にホームページ等は一通りチェックしてはいたのですが、
それだけじゃなく、2ちゃんねるや、企業の評判等、もっとさらに深く調べてから面接に臨もうと思います。

≪妥協≫
ちょっとおかしいな、と思ったら妥協せず、確認できる点は確認して、
納得いかなければ断るも勇気だと思いました。

≪冷静に企業を見る≫
早く就職しなきゃ、ってあせる気持ちが前にでちゃって、
ちゃんと見極めるって事が出来てなかったと思います。

焦るけど、少し心に余裕を持とうと思います。

自分の反省点は反省し、やっぱり諦めずに頑張りたいです

とりあえず、今日はまたいくつか企業に応募して、
まだエージェントさんを使ってなかった紹介会社もあるので、そこに登録してみました

あとは面接の応対、職務経歴書のブラッシュアップ
簿記の試験も2月に受けようと思うので、資格の勉強も再開しないと

やることはいっぱいだ
さぁ心機一転頑張ります