自己分析とマズローの五段階欲求

自己分析について、
具体的にどのような活動を行っていけばいいのか?

まずは、このことを理解して下さい。
人間の欲求は、あなたのものも含めて、
以下のものに該当します。


マズローの五段階欲求

@生理的欲求
・・・食べたい、排泄したい、寝たい等
人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求

A安全の欲求
・・・守られたい、攻撃をうけたくない等
人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求

B親和の欲求
・・・他人と関りたい,他者と同じようにしたい等
集団帰属の欲求

C自我の欲求
・・・目立ちたい、1番を取りたい等
自分が集団から価値ある存在と認められ,尊敬されることを
求める認知欲求

D自己実現の欲求
・・・自分自身であり続けたい、好きなことをやりたい等
自分の能力,可能性を発揮し,創造的活動や自己の成長を
図りたいと思う欲求

です。これは、マズローという心理学者が
提唱した、「人間の5段階欲求」というものです。

人間の欲求は、5段階のピラミッドのようになっていて
底辺から始まって、1段階目の欲求が満たされると、
1段階上の欲求を志すというものです。

マズローの5段階欲求を覚えて頂けましたか?

人間の欲求は、5段階のピラミッドのようになっていて
底辺から始まって、1段階目の欲求が満たされると、
1段階上の欲求を志すというものです。

実は、これ以外にも存在するのです。
それは『他己実現の欲求』というもの。
人のためになりたい、自分を犠牲にしてまでも、●●を
守りたい!というもの。

「あー、そう欲求あるある!」と思ったあなた。

私もそう思いました。

皮肉を言うわけではありませんが、
本当に心から思っていますか?
その気持ちは本物ですか?
この「他己実現」というものは、半端な欲求ではありません。

5段階欲求のピラミッドの外側に位置しているからです。

他人のためになっていることが自分のため、
とか他人のために自分を犠牲にすることは素晴らしいことだ!

とか思っている内は、他己実現はありえません。

だから、大抵の人は、未熟者なので、備わっていません。

しかし、世の中に、この気持ちは溢れるほど、
たくさんあるのです。

それは、親の愛。

親の愛は、まさに、何を犠牲にしてでも、この子を
守るという他己実現と言えます。

この気持ちを、まったくの他人に向けること、
それが他己実現なのです。

私が知っている、それが本当の意味で実践できた
神のような人間、それは、マザー・テレサです。

彼女に学ぶところはとても大きい。

ぜひ、彼女に関する伝記を読んでみて下さい。

・・・と今日は、就活から大きく話がそれましたが
人類にとって、大事なことだと思ったので
書かせていただきました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。