面接官を納得させる方法

【具体的なイメージがついたとき】人は「なるほど」と思う――。

では、どう話せばいいのかについて解説します。

■『思考』→『行動』→『思考』→『行動』という順番で
話していくのです。

A「自分はダンスをやってきました」
Q「なぜやったんですか?」
A「高校時代、体育の時間が終わると、頭でくるくる回る友達が、
皆を沸かせているのを見たんです。(行動)
そこで、私は、体1つで熱狂した空間を作れることがうらやましい!
私もそんな場を沸かせられる武器がほしい!
と思ったんです(思考)それで、マネし始めたんです。(行動)」
Q「なるほど。それで、次、どうなったんですか?」

と、ここで、「なんで?」という質問が終わりますよね。
ここまで答えられるようになると、自己分析は終了です。

つまり、自己分析とは、
『思考』→『行動』→『思考』→『行動』という
サイクルの中での
『思考』と『行動』両方について、
時系列順に【思い出していくこと】なんです。

そう。具体的なイメージやシーンは本人も忘れているのです。

だから、それを思い出す。その作業が、『自己分析』です。

私が学生だったとき、自己分析のやり方は、
「コアを見つけること」だと教わりました。

そして、「面接官に何を聞かれても、
最後はそのコアに結びつけて話す」と教わりました。

確かに、それも面接官に強く印象をつけるための
1つの有効的なやり方ですが、これでは不十分です。
コアが「自分の価値を高めること」だとします。

Q「なぜ、そのゼミを選んだんですか?」
A「自分の価値を高めるためです。」
Q「なぜ、そのサークル(部活)を選んだんですか?」
A「自分の価値を高めるためです。」
となりますよね。

これだと、その人が良くわかりませんよね。
具体的なイメージがつかみにくですよね。
それよりも、

Q「なぜ、そのゼミを選んだんですか?」
A「私は経済学を2年間学んできて(行動)
近い将来実践するであろうビジネスに結びつく
勉強をしてきてないなと思ったんです(思考)
それで、一番ビジネスに近い勉強は●●ゼミかな
と思い、選びました。(行動)」

と答える方が、よっぽどわかりやすいし、
面接官に伝わりますよね。

では、次回は、自己分析について、
具体的にどのような活動行っていけばいいのか
話したいと思います。

それでは。
| 序論
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。