すぐできる自己分析の仕方

今日は「自己分析」について説明していきましょう。

就活で必ず出てくる、『自己分析』。

みなさんは『自己分析』について、どんな理解をしていますか?

「自分を知ることでしょ」
「自分を発見することでしょ」
って声が聞こえてきそうです。

(私はそう思っていました。)

一般的なやり方は、自分が行動したことを数個書き出して、
それに対して、

「なぜそれをやったか?なぜそう思ったのか?」を
 繰り返すとされていますよね。
 でも、それだけだと不十分なんです。

例えば、
A「自分はダンスをやってきました」
Q「なぜやったんですか?」
A「目立ちたかったからです」
Q「なぜですか?」
A「なんでって、目立ちたかったからですよ。」
Q「・・・」
と、終わってしまうんです。

こんな経験をしたことのある学生・就職留年生いませんか?
これ以上、話が進みませんよね?

ここでの間違いは何か?

■それは、『現在』と『過去』がごっちゃになっていることなんです。

まず、1つ覚えて下さい。

人に自分の自己紹介をするとき、人が「なるほど」と思うのは、
【具体的なイメージがついたとき】なんです。

「〜ということがあって、そのときを君は〜と思って、それで〜したのか!」
というように。

では、どう話せばいいのか。

具体的なテクニックを次回話したいと思います。
それでは。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。