あなたのモノの考え方や見方を知りたい

実際にあなたと話をすることで
あなたのモノの考え方や見方を知りたいと思うのです。

自己PR や志望動機、学生時代に打ち込んだことなど、聞くでしょう。

ここで、あなたは面接官の質問に
答えるだけ
伝えるだけに終わらないことです。

面接官はあなたのモノの考え方や見方を知りたいのです。

質問に対して
“なぜ、そう考えたのか。”
その考え方やモノの見方で
面接官は、あなたが会社の考えや方針に共感するか
現場の環境に対応し働くことができるか

あなたの考え方と会社の考え方が上手くマッチングするかを見極めているのです。

だから、この“なぜ”の部分をしっかりと伝えないと
一次面接は合格しません。

二次面接では
あなたが組織の一員として機能するかチェックします。

一般的に
最終面接前の面接官は
会社で組織マネージメントを経験している社員が担当します。

だから、あなたのことを知りたいという面接から
会社・仕事の理解を深める面接にシフトチェンジします。

もちろん、あなたのモノの考え方や見方は検証します。

そうです、知ろうとするのではなく、検証するのです。

二次面接官は
あなたの考え方や見方は知った上で
面接を始めるのです。

当然、一次面接と同じような質問もされますが
答える内容が違っていたら、評価は下がります。

なぜなら
違う内容の答え=あなたの本当の考え方ではないと判断するからです。

また、この面接では、現実ベースの質問もされるでしょう。

『当社の仕事は、きついけど、やっていく自信はありますか』
『任される仕事の内容次第で、
 定時で帰宅できないこともありますが、それでも大丈夫ですか』

このような、実際の現場を想定した質問で
あなたの意思に揺さぶりをかけたり

『仕事にノルマはないけど、チームの売上目標があるとして、
 その目標を達成するにはあなたなら、どうしますか』

『あなたなら、定時に帰宅する為にどうやって、仕事を進めますか』
 というあなたの仕事の価値観を知る質問もされるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。