面接ではどんな表情がNG か?

就職活動で内定獲得まで
少ない企業で2回、多い企業だと4回以上面接を
受けなくてはいけません。

一回の面接であなたに与えられる時間は
平均30分前後です。

この限られた時間で
面接官はあなたのことをジャッジします。

ただ、面接官も人間です。

この短い時間で、あなたのすべてを知ることは不可能です。

それじゃ、どうやって、あなたの評価をするのか。

一般的に
面接の段階(一次面接・二次面接・最終面接)によって
ジャッジするポイントを変えて
あなたの評価をつけるのです。

一次面接では
あなたと会社が上手くマッチングするかチェックします。

まず、面接で話しをする前から
面接官はあなたがどんな人かチェックしています。

あなたを見た第一印象。

別にカッコいいとかキレイではなく
まわりに与える影響を考えるのです。

それはなにか。

例えば、表情です。

緊張感がまったく伝わらない表情のヒトはNG です。

どんな表情がNG なのか。

それは、目の反応が遅いこと。

多少の緊張があれば
『これからどんなことが起きるのだろうか』
『どんなヒトがいるのだろうか』など
あなたの周りに興味や関心
これから起こる出来事への予想や心構えをするために
視覚で情報を得ようとします。

だから、目には緊張感が伝わり
いつもより反応が早いのです。

目の反応が遅いということは
◎ まわりの動きに注意を払っていない(注意力散漫)
◎ スムーズな判断があまり出来ない(判断力の欠如)
◎ やる気が伝わってこない(やる気の欠如)

このように受け取ってしまうのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。