自分の人生を描いていく

自分はどんな仕事がしたくて、10年後、20年後には
どうなっていたいのか。

志望理由を面接官に聞かせるためというよりも、
むしろ自分の人生を描いていく上で非常に大切な
問いだと思います。

僕自身も就活時にはさんざん考えました。

将来はあーなっていたい、こーなっていたい、
そのためにはあんなことやこんなことをして・・、

それにはこんな会社が良くて・・・etc。

実際には自分がいま想い描いたとおりの人生になんてなるわけがないと
は思いますが(面白くないしね)、「目標」や「目的」がないと、
なんとなくがんばってはみたけれど、なんとなく時間が過ぎていて、
けっきょくなんにもしてこなかったような気がする・・・
となってしまうかもしれません。

就職とは自分の人生における「目的」を達成して
いくための1つの「手段」であり、
会社とはそのための「器」なんだと思います。

ですからその会社に入ることを目的とするのではなく、
その先を描いてみて欲しいと思います。

自分なりのステキな人生を送るために、
自分の価値観やこれからの人生を考える機会という意味で、
就活ってなかなかステキな期間だと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。