OB訪問で就活に関する情報が得られる

◇ 就活に関する情報が得られる
社員とは、過去にその会社の採用における選考を
通過した人たちです。

その人が学生時代にどのように就活に取り組んだ
のかを聞くことは役立つと思います。

特殊な業界においてはとりわけ役立つといえるでしょう。

就活には基本的には正解がないので(不正解はある)、
100人100通りの方法論があると思います。

友人と協力して情報収集したらよいと思います。
僕が書いているこの文章も1つの方法論ですね。


◇ 面接の予行練習になる
選考で登場する面接官はその会社の社員です。

社員訪問する相手もその会社の社員です。

ようするに同じような人たち(のはず)です。

ですから社員を相手に面接の練習をするという
のはなかなか良い手だと思います。

初対面である相手の社員に対して、
アポとって、会ってみて、自己紹介して、
志望動機を聞いてもらって、ESをみてもらって、
さいごにフィードバックでもしてもらえば、
その会社の社員から見て自分がどんな印象を与える学生で、
採用したいかどうか、それはなぜか、
などなど聞き出せたら面接に活きてくるでしょう。

実際の面接ではフィードバックはありませんから
客観的な意見は貴重だといえるでしょう。

何人かOB訪問をこなしていければ、
学生とは違ったノリをもつ社会人とのコミュニケーション
にも慣れてくるでしょうし、
面接において重要なヒューマンスキルを向上させることがで
きるでしょう。

ようするに面接の予行練習になるんです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。