就活における「勝ち組」と「負け組」

就活の選考において最大の山場は面接であり、
面接では全体を通して志望理由を深く追求する
ということが行われています。

ですから自己分析も企業研究もOB訪問も
インターンもぜ〜んぶこの志望理由を作成するうえでの
ツールであるといえます。

就職活動の期間を通じて、志望動機を作成するために
必要な情報をいかに収集し、自分の経験や考えなどと
結びつけ、説得力のあるものに磨き上げることがで
きるかどうかが就活における「勝ち組」と「負け組」
を分ける大きな要因ではないかと思います。

最近、格差という言葉をよく耳にしますが、
企業の学生に対する評価もまさに2極化して
いるといわれています。

学歴を問わず一握りの学生たちが複数の内定を勝ち取り、
多くの学生たちは受けても受けても内定が出ず、
やっとこさ内定をもらって就活を終える。

いつまでたっても就活が終わらない人たちも
たくさんいます。

採用側としても、内定を出しても出しても蹴られてしまい、
年がら年中採用活動をしている企業が多いのではないでしょうか。

就職活動では、実はいろんな能力が要求されています。

情報を収集する能力、頭の良さ、実行力、
自分の思いや考えを表現する能力、粘り強さ、
人との接し方など挙げればキリがないですが、
社会人として求められるさまざまな能力が
必然的に要求されているのかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。