志望理由を考え抜こう

「自社への志望意欲」のところでも述べましたが、
志望理由は最重要質問です。

ではどうしてそんなに重要なんでしょうか。

実際のところ、面接官の立場からすれば、目の前の学生の
雰囲気から本気度は十分に把握できると思います。

しかし、目の前の学生は単に自社に対する憧れの気持ちが
強いことから本気で志望しているだけなのかもしれませんし、
とにかく内定欲しいからがんばっているだけかもしれません。

そのような学生を採用してしまうと、入社後になっていざ
仕事がはじまったときに、就活時に自分が想い描いていた仕事・生活
と違っていた・・・。

こんなに大変だとは思わなかった・・。

辞めよう。

となってしまうことを面接官は恐れています。

そこで学生に対して志望理由を聞いてみて、会社(仕事)に興味
をもったきっかけや、仕事に対する理解度、仕事に対する目的意識、
将来的な目標などなどを確認し、なるほどこいつはやってくれそうだ、
辛いときでも奮起して成長できるやつだ、
まちがいない、と十分に納得がいって内定を出すのです。

新卒は入社してから数年程度は企業のお荷物です。

1人前に育つまではいくら給料払っても企業に
リターンは返ってきません。

リターンが返ってくる前に辞められてしまうと、
企業にとっては大損です。

ですから明確な志望理由を求めてきます。

現在景気が上向きになり、どこの企業も採用人数を
大幅に増やしています。

しかしながら、多くの企業はかつてバブル時代に
なんでもいいから採用してしまった大量のダメ社員たち
を抱えつつ、不況時代に今度は一生懸命リストラしていった
という苦い経験をしています。

現在企業側の姿勢としては、欲しいレベルの学生が
人数分揃うまで採用活動は年中続ける、

しかし学生の質は絶対に落とさない。

予定人数に満たなくても仕方がない、というスタンスです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。