面接官は、なぜ志望意欲を知りたいのか

これは当たり前だといえば当たり前ですね。

企業は、あくまで自分の会社に対する志望意欲の高い
学生を欲しがります。

目の前にいる学生の能力が非常に高そうだと評価していても、
すばらしい人間性を有していても、自社に対する志望意欲が
低いとなると、企業は内定を出したがりません。

理由はおそらく2つあって、
1つは内定だしても他社に逃げられてしまうということ、
もう1つは、(ほんとは他社で違う仕事がしたかったのに)入社したとして
もモチベーションの低さから、なかなか成長してくれなかったり、
入社後すぐに辞めてしまったりする恐れがあるためです。

ですから、多少評価が劣るとしても、志望意欲の高い学生に内定を
出した方が企業としては無難だと考えるのではないでしょうか。

会社によって事情は異なるでしょうが、人事担当者は学生に内定を
蹴られると、役員に叱責されたり、人事考課でマイナス査定を受ける
こともあるようです。

ですから向こう側のみ
なさんもまた必死なんです。

では、面接官はどうやって学生の、自社に対する
志望意欲をみようとするのか。

これもおそらく2つあって、1つは学生から放たれる雰囲気であり、
もう1つは志望理由(志望動機)です。

雰囲気で志望意欲がわかるんかいな、と思われるかもしれませんが、
僕は志望理由よりもむしろこちらの方が信用できるように思います。

面接官経験者のオジサンの話によると、
学生が面接室に入った瞬間に、
その学生が本気かどうかは分かるそうです。

僕自身の経験から考えても、志望意欲についてはわりと
簡単にばれてしまうと思います。

志望理由を捏造することは簡単ですが、自分が本気であるという
「雰囲気」を捏造するのはなかなか難しいでしょう。

鼻息でも荒くしとけばいいんでしょうか。

さて、そんなわけで面接官は志望理由を
ねちっこく聞いてきます。

「どうしてうちの会社なのか」
「他社はどんなところを受けているのか」
「他社はどういった理由で受けているのか」
「ほんとにうちに来てくれるのか」・・・etc。

志望理由(志望動機)は面接における最重要質問なので、
じっくり考えてみてください。