GDのシミュレーション例

では、例を1つ出してみましょう。

なんにしようか・・・
「北朝鮮の核開発による国際的な懸念が高まるなかで、
今後日本はどうすればよいのか」
について話し合ってください。

にしましょう。

日本が考えるべきことは
・北朝鮮の軍事力への対抗策
・拉致問題
・国際社会との協調
・国内世論
・アジアとの関係

優先順位は
1 アジアとの関係
2 国内世論
3 国際社会との協調
4 北朝鮮の軍事力への対抗策
5 拉致問題

日本がすべきことは
・軍事力をもって対抗
・経済制裁を加える
・北の周辺国の政策を追随する
・北朝鮮との友好関係を破棄
・あくまで対話で北朝鮮に歩み寄る

日本がすべきことを評価しよう

結論:「北朝鮮による核懸念について、
日本はどうすべきか。

私たちの結論は、北周辺国の政策にかんがみつつ、
あくまで北朝鮮に対して対話で歩み寄るべきである、
というものです。

その理由は、今後、世界の主役でありリーダーとなるであろう
アジアとの関係性をもっとも重視したためです。

メンバーで話し合いを進めるなかで、日本がとるべき行動として、
表に示すように5つの案が挙がりました。

日本が考慮しなければならない事柄については5つが挙げられたので、
優先順位を決め、この評価軸に沿って評価したところ、
表にあるような結果が得られました。

また、対話を進めつつも、アジア諸国との関係を考慮しつつ
経済制裁を加えていく、という選択肢も十分に考えられると思います。」

→40、50分でこのくらいできれば十分すぎると思います。
そもそもGDのお題には正解がありません。

評価軸を設定し、優先順位を自分たちで定めなければ
結論はでないでしょう。

結論がちゃんと出せて、
その理由も話し合えていることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。