筆記試験の必勝法

筆記試験の内容は国語や算数だし。

英語もたいしたことないです。

むしろ適性検査(性格診断)の方が重要視されてるらしいです。

人事の人に結果をみせてもらったことがあります。

受験者の回答した内容から、リーダーシップ、協調性、などなどの項
目でフィードバックされてました。

ちょっと対策すればだれでも求める人材像になれると
思うんだけど・・・。

これで落ちる人はきっと誠実で正直な人なんだろう。


◇ 戦略系コンサルティングファーム(外資)
戦略特化のコンサルファーム。
ボストンコンサルティングとかATカーニーとか。

ちゃんと対策しないと厳しいです。

国家公務員試験U種の判断推理の簡単めの問題が大量にでます。

なので公務員試験の過去問で対策しましょう。

1問1問はたいしたことないんだけど、量が非常に多く、
時間がとても少ない。

いきなり受けても半分解けずに終了してしまうと思う。
内容は文章読解と計数。

対策せずになんとなく受けにいくと、あっさり落ちてしまいます。

採用人数5人以下で、東大とか早慶とかの院生を大量に集めて7〜8割
筆記で落とすんだから、ちょっとひどいよねぇ・・。

マッキンゼーは英語でケーススタディーです。

まじめに難しいらしいです。

こちらは採用人数は多くて、入社後に大量に切るらしいです。

あくまで噂だけど。


◇ 小論文
昔、受験で練習したことあるけど、就活では出会いませんでした。
本、ネット、社員などを活用して情報を集め、
対策法を考えた方がいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。