エントリーシート必勝法

さて、最初の関門がエントリーシートです。

前述で紹介した絶対内定のESの実例をみて
みると、みんなけっこう気合入ってますね。

実例を参考にしながら試行錯誤するといいと思います。

◇ ESでどのくらい切られるのか
わかりません。
会社によって違うと思います。

しかし、ビビりすぎてもしょうがないと思います。

それなりの学歴のおかげかもしれませんが、
明らかにしょぼすぎると思う就活初期のESでもちゃん
と通過したので、あまり神経質にならなくてもよいと思います。

でも結論
ファースト、サッと読んで意味がわかる文章を書く
という原則は守るべきです。

人気企業の担当者は数千、数万のES読むんだから。

1枚あたりせいぜい数秒から数十秒でしょう。


◇ ESは面接と連動している
大半の面接はESに沿って進むと思います。

面接のところで触れますが、

@自分の人柄(人間性、価値観、考え方など)、
A志望意欲(ちゃんとした志望動機)、
Bコミュニケーション能力(説明能力)

が伝わるように書きましょう。

大風呂敷を広げたり、うそ臭かったり、自慢話ばかりだと、
読む方としてはウザイので面接でボコボコにされます。

面接で聞いて欲しいネタへ誘導するためのエサをちょこっと
撒いておくとか、面接を想定して書くとよいと思います。


◇ ブラッシュアップを怠らずに
はじめて書いたESなんて所詮ショボいです。

しかし、何度か書くうちにだんだん良くなっていくはずです。

だいだいどの会社のESも似たり寄ったりなので、
一度、量の多いうざい会社のESを書いてしまえば
他の会社はコピーペーストです。

東京海上日動のESが練習におすすめです。

量が多くて汎用性が高い。

しかも送ってみれば、通過できるかどうかの判定もできてしまう。

ここは人気企業だと思うので、
ここで通用すれば他でも大丈夫でしょう。

研究室にいる就活成功したM2や4年生、
志望企業の社員に見てもらうのも良いと思います。

僕はよく友人とPC上でお互いに添削し合ったりしていました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。