就活スケジュールの考え方

あなたは何社くらい受けるつもりですか?

「1社です。」という人はさすがにいないでしょう。
「興味のある会社を10〜15社くらい考えています」
こう答える人はいそうですね。

「知ってる企業を片っ端から受け、50〜100社くらい受ける」
こういう人も実際にいました。

果たして何社くらい受けるべきなのか。

そもそも何社くらい受けられるのか。

僕個人の経験から考えると、1社、1社の企業について、
それなりに調べて準備するとなると、30社前後が時間的・肉体的
にまあ限界かなと思います
(夏や秋まで就活するなら別ですが)。

きちんと準備ができていて、かつ、それなりに面接慣れ
してくると、ほとんど落ちなくなってきます。

落ちないとなんなのかというと、2次、3次、4次と
選考が続くんです(笑)。

つまり1社に対して消費される自分の時間が増えていくんです。

だから50とか、100とか受けるためには、
初期選考で落選しまくらないと難しいと思います。

さらに内定が出ると、辞退しないかぎり、
懇親会などと称して頻繁に呼び出されます。

選考を受ける企業についてほとんど調べることもなく、
ただなんとなく受けて、やっぱり落ちる、
というのは時間のムダのように思います。

落ちるとやっぱヘコむしね。

ですから練習企業や本命企業をうまく織り交ぜて、
30社くらいでスケジュールを立てるとよいかな
と思います(これでもちょっと多いかもだけど)。

そこで、こんなプランはどうでしょう、というご提案です。
・本命企業群  5社くらい
・準本命企業  10社くらい
・練習企業   15社くらい       

時間軸で並べると、練習→準本命→本命の順で受けていく。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。