採用面接のコツとツボ

今回は、採用面接のコツをお教えします。

人事担当者が採用面接で見る基本部分は
 ○ 自分の考えを持っているか
 ○ やりたいこととできることを理解しているか
 ○ 自分のことをわかっているか
 ○ 仕事をするということを理解しているか
人事担当者は、あなたの基本部分を知りたいから
色々な質問やディスカッションを行うのです。

この事を理解しておけば
就職活動のマニュアル本にあるような
質問に対しての答えを丸暗記した回答をしたら
駄目だとわかってください。

コツは、人事担当者にあなたを理解してもらうこと。

そのためには
どんな質問に対しても
“自分の考えや想い”を
“自分の言葉で答えること”です。

採用面接用に作ったいつわりの自分で
仮によい結果が得られ入社し、仕事を始めても
自分らしく仕事をすることができるでしょうか。

きっと出来ないでしょう。

なぜなら、会社側は採用面接用に
作られたあなたを評価して、入社させたわけですから。

あなたは
作られたあなたと本当のあなたのギャップに苦労するからです。

それよりも
本当のあなたを評価し、受け入れてくれるところの方が
自分らしく仕事ができるのではないでしょか。

就職活動で大事なのは、就社(会社に入ること)がゴールではなく
就職(職に就くこと)がゴールということ。

このゴール地点を間違って、就職活動をスタートするから
会社選びや採用面接で
見当違いのやり方や考え方をしてしまうのです。


ポイントは、採用面接では、
自分の考えや想いを自分の言葉で伝えること。

そのためには、
“自分について”
“仕事をすることについて”
頭の中で何度でも、イメージすること。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。