エントリーとイベント参加のコツ

あなた自身が選んだ会社のエントリーやイベントなどに参加して
会社と接触をすることになりますね?

ここでまず、コツがひとつあります。

それは、データベースの作成です。

PC でも手書きでも構いません。

まず、会社選びの段階(第一段階)での
優先順位のグループ分けをすること。

例えば
優先順位A グループとは
第一段階で
その会社について、好感が持てる。

社風や仕事内容に共感できる。

内定がでたら、入社を希望する。

優先順位B グループとは
第一段階で
その会社について、興味がある。

社風や仕事内容について、知りたいことがある。

内定がでたら、他社の結果を見て、返事をする。

優先順位C グループとは
第一段階で
A グループ、B グループに入らない会社。

このようにデータベースを作成しておけば
合同就職セミナーで訪問する順番や
イベントがブッキングしたときなど
どちらを優先したら良いか、判断しやすくなります。

また、イベントに参加したら
会社側の“生の情報”を集めることです。

よく、ホームページや会社案内
求人票などに記載されている情報を
聞くことだけに終わる学生が多いですが
そんなことより、人事担当者から感じる仕事に対しての姿勢
言動から社風や仕事内容を理解するようにしましょう。

もし、質問をすることができるなら
具体的に突っ込んだ質問をするようにしましょう。

会社側との接触が終わったら
あなたのデータベースに
社風や仕事内容、一言コメントなど、詳細に記入しましょう。

ポイント
○ あなたオリジナルのデータベースを作成すること
○ イベントに参加したら、会社側の“生の情報”を集めること
○ 会社側との接触が終わったら、データベースを更新すること

まず、会社のイベントに参加したときに感じる感覚は
大切にしてください。

では、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。