時間厳守とトイレの活用

面接の時間に遅れていくのはNG行為の一番です。

ゼッタイに遅れてはいけません。

私の知り合いも面接の日にちを忘れていたため、
遅れていったらあっさり落とされました。

ただ、早く行き過ぎても、人事としてはちょっと迷惑・・

コツとしては、説明会等であれば、15分から10分前。

一対一の面接であれば、5分前に受付、が一番効果的な時間です。

ただ、出来れば、最低でもその時間から10分から15分前
にはその会社に到着する位の余裕で出かけましょう。

そして、早く着いたら「トイレ」で時間をつぶしてみて下さい。

個室に座っているだけで、情報収集できたりします。

トイレがきれいか?清潔か?

で会社の裏側が分かります。

また、社員同士の会話が少しでも聞けたらラッキーですね。

社内の雰囲気の一部がつかめます。

彼らは楽しそうに仕事をしている雰囲気でしょうか?

それに、その会社に受かったら、
自分がず〜と使うかもしれない、
場所になるですよ。^^v

また逆に、面接官がトイレで(故意ではないですが)学生達の本音、
を聞くことがあります。

「この会社いいよね〜。」と本とに第一志望に思ってくれている子。

また、その逆もあり。

人間、トイレって、ほっとして、
ついつい本音を語りたくなる場所のようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。