■面接の待ち時間も携帯の電源は切ったほうがいいんでしょうか?

最近、
「面接の待ち時間も携帯の電源は切ったほうがいいんでしょうか?」
という質問がありました。

もちろん、普通に常識のある人なら実際の面接では
携帯電話を切っているでしょう。

話しているときに鳴ったら、出て行け!
と言われます。

たぶん。。。

が、その前の面接を待っている間はどうしてますか??

最近、待っている間に、
メールをちょこちょこしている人がいます。

こういう人は落ち着かなく見えますし、
面接官が入ってきて、
あわてて、メール送信、終了を行っているのって、
第一印象としてあまり良くないです。

あなたは「敵地」に乗り込んでいて、
どこから見られているか?分からない、
くらいの気構えでいるといいかもしれません。

ただ、面接官を待つ間を、直立不動でじっと待ってるべき、
ということでは決してありません。

たまに、薦められた椅子にも座らずに、
待っている方がいますが、
却って「やりすぎ」で印象はダウンかもしません。

どうしたらいいの?

と思う人は、
待つ間はその会社の企業研究をしている「フリ」でも、
システム手帳を開いて、業務の確認をしている「フリ」でも、
構いません。

落ち着いて、仕事ができそうな「フリ」を
できるだけ演出するのが良いと思います。

印象が悪くなることは避けられます。

携帯は、カバンの奥へしまっておきましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。