内定獲得までの道のり:二次面接

二次面接では、あなたが組織の一員として
機能するかチェックします。

一般的に最終面接前の面接官は
会社で組織マネージメントを経験
している社員が担当します。

だから、あなたのことを知りたいという面接から
会社・仕事の理解を深める面接に
シフトチェンジします。

もちろん、あなたのモノの考え方や見方は検証します。
そうです、知ろうとするのではなく、検証するのです。

二次面接官はあなたの考え方や見方は知った上で
面接を始めるのです。

当然、一次面接と同じような質問もされますが
答える内容が違っていたら、評価は下がります。

なぜなら
「違う内容の答え=あなたの本当の考え方ではない」
と判断するからです。

また、この面接では、現実ベースの質問もされるでしょう。

『当社の仕事は、きついけど、やっていく自信はありますか』

『任される仕事の内容次第で、定時で帰宅できないことも
ありますが、それでも大丈夫ですか』

このような、実際の現場を想定した質問で
あなたの意思に揺さぶりをかけたり

『仕事にノルマはないけど、チームの売上目標があるとして、
その目標を達成するにはあなたなら、どうしますか』

『あなたなら、定時に帰宅する為にどうやって、仕事を進めますか』

というあなたの仕事の価値観を知る質問もされるでしょう。

こういった質問には
「期待に応えたい」や「責任感をもってやる」
というこことをキーワードとして答えを考えておくと良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。