研究の内容説明は、苦労した点も話す

研究内容の説明をするとき、
上手くいったことや良い結果ばかりを説明しがちになります。

気持ちは分かります。

わざわざ失敗したことや悪い結果は報告したくないし、
能力が低いと思われると思ってしまいます。

しかし、しかーし、

失敗談や上手くいかなかったことも積極的に
話をしてください。

会社の仕事では必要なことです。

それを、面接でアピールできたらかなり好印象に
なります。

なにより、他の人は話さないので差別化できます。

なので、自分の研究での一番の困難とそれを克服した方法を
上手く説明できるようにまとめておいてください。

「ここで問題が発生し上手くいかなくなったが、
こういう工夫をしたら上手くいった」

とか、

「ここがこの研究で一番困難で、悩んだところです。
しかし、こうやって、克服しました。」

と説明しましょう。

研究とはなかなか上手くいかないものです。

それが当たり前です。
上手くいくことばかりの説明では不自然ですね。

会社側は困難に直面したとき自分で解決策を見つけて
克服できる人材かどうかを見極めたいと思っています。

必ず答えを用意しておいてください。
普通に研究を行っていれば必ず話す内容はあるはずです。

しかし、いきなり訊かれると結構答えに困る質問です。

心の準備をしておいてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。