履歴書に書く志望動機とは?

企業は、なぜうちじゃなきゃ駄目なの?
ということが気になるものです。

一般の人がいだいているイメージ
を知りたいというのもあります。

『○○の○○な所が好きです。』
『○○で実際に働いてらっしゃる人がやりがいを持ってイキイキと
していたからです。』

といった志望動機が
シンプルですが面接官には、伝わります。

またその会社の事をしっかり調べている人は、
ポイントが高いです。

面接前にホームページで社歴や
今後の方向性を調べていると有利です。

実際に現場に足を運んだり、働いている人の
話を聴くともっと良いでしょう。

次に趣味や特技などの項目です。

最悪なのは、真っ白です。

本当にたまにこんな人がいます。

面接官はあなたの事がどんな人なのか知りたいのです。

きちんと書く事が大事です。

特技は人それぞれですが、
面接する側として、一番いい趣味と感じるのは
読書です。

小説やエッセイが好きと言いながら、
自己啓発の本も読みます
というのが
一番だと思います。

自分を伸ばそうとしている人に、
面接官は好意を持ちます。

オススメの自己啓発の本を紹介します。
『思考は現実化する』
『7つの習慣』
『原因と結果の法則』
この3 つの本どれかひとつだけでも
オススメです。

ほとんどの面接官は、この3 つの本は読んだ事が
あると思います。

この3 つの本のどれかを読んで感じたことを
面接で自分の言葉でうまく伝えるといいでしょう。

以上が受かる履歴書の書き方のポイントです。

履歴書は最低1 時間以上かけて心を込めて書きましょう。
その事は、面接官には必ず伝わります。

次に面接ですが、事前準備として、この質問に対して、
こう答えると紙には書いて答えを用意して、
自信が出来るまで、読みかえしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。