3.JPG

ここは、理系就職で内定をもらうための技術面接やその後の面接

の攻略法を解説するサイトです。
就職活動をがんばっている皆様へ


私はテレビでもお馴染みの某化学メーカー

(一部上場、社員3000 人)のケミカルエンジニアです。


会社で何年か働いている間にリクルーターで出身大学

を訪問したり、会社説明会で座談会に参加したりする

機会を何度か経験しました。


その経験を元に面接での質問の内容や答え方を解説した

マニュアルのようなものを提供したいと思い

「理系面接合格の為の内定をもらう技術面接での質問の答え方」

としてサイトを立ち上げました。


15.JPG


無料ですが、私の考えられるすべてのテクニックを書き込み

ましたのできっと参考になると思います。


現在掲載されている内容は、以下の項目です。

カテゴリーページで詳しく解説しています。


第一条.「入社してからどんな研究をしたい?」という質問で、「大学で行っていた研究を会社で役立てたい」と答えてはいけない。

第二条.研究の内容を説明するときは、「コスト」の意識を持っておくこと

第三条.研究の内容を説明するときは、苦労した点を入れて話す

第四条.短い言葉で答えられる質問でも一言付け加える

第五条.マニアックな趣味の話をする


これからも包み隠さず本音で書いていくつもりです。

これから技術面接を受けようとする人の役に立てたら

いいなと思っています。


皆さんに内定をもらう喜びを味わって欲しいですし、

会社で研究者や技術者として活躍して欲しいです。


もしかしたら、いつか同じ会社で働いているかもしれませんね。


何か就職活動に関する質問がありましたら、下記メールアドレスで

受け付けていますので遠慮なく送ってください。


では、



◇ 発行者: 廣海 好

◇ ご意見・ご感想:hiromikou@hotmail.com

面接時の持ち物で重要なのは何でしょうか?

答えはエントリーシート'です。

なんかついてません?

って思った方、勘がいいですね!

11.JPG

面接時に自分のESを持って行く人が多いですが、
そのESって面接時にはカバンの中にありませんか?

面接が、面接官:自分=n:1とかで、
自分の席にテーブルがある時にはESをテーブル上に出しておきましょう!

面接官から何ですかそれ?と言われたら
「御社に提出したESです」
と言っておけばよいです。

台本のようにチラチラ見るのはイケませんが重要なポイントで
1,2回チラ見するのはアリですね。

で、最初の答えの「エントリーシート'」ってなに?

と言うと、手元にもっておくESは、少し打ちかえて(加筆して)

・提出後にどうしても言いたいこと
・受験する企業のキーワードやポイントなどのまとめ

を記入しておいてください。
すなわち、
堂々とテーブルの上にカンニングペーパーを置いておくんです。

もちろん、提出したESと全く体裁が異なるとバレますが、
面接官とは5m程度は離れているので、
提出したESと比べて、数文字多くなっていても分かりませんよ。

面接後に

・自己PRで重要なことを言い忘れた
・話す順序がまずかった
・当社の主力商品3つ答えてって質問に、緊張して1個しか答えれなかった
・最後に質問は?と言われて「特にありません」しか言えなかった

等々、後悔しないように、可能な範囲でズルくなりましょう!

だって社会人でビジネスをやると、
言われたことや決められたことだけを実行するよりも、
あの手この手で上手くいくための創意工夫が必ず求められます。

これをやっている人がほとんどいませんので、
やって損はないと思いますし、
見る側からすると

「それだけ真剣に対応や準備をしてきている」

って思いますもんね。

まあ、エントリーシート'そのものをアピールする要素にはなりませんが、
万が一ばれてもマイナスにはならないと思います。
面接(面談)、緊張しますよね。

なれない環境で、知らない人に自分をアピールしなきゃ!
ってだけで焦りが出てきます。

面接で成功する秘訣はたったひとつです。

7.JPG

それは、
・事前準備を完璧にしておくこと
に尽きます。

でも、事前準備って何すればよいか?

準備したけど上手くしゃべれなかった!

等々ご意見があると思います。

が、あなたの事前準備って【完璧】でしたか?

このあと、どんな準備をすれば良いか?を書いてみますね。

ポイントは3つだけです。

(1)QA集を作って暗記する
(2)数<経験>をこなす
(3)第三者に見てもらって練習→改善する

です。

それでは少し詳しくみて行きましょう。

(1)QA集を作って暗記する

想定問答集とも言いますが、
面接で必ず聞かれることって決まっています。

メインは

①志望動機は?
②学生時代に注力したことは?
③あなたのアピールポイントは?

で、他には受験する業種特有の質問とか、
対策本とかに掲載されているとおりです。

だいたい10~15個くらいの質問&答えを用意しておき、
それを完璧に答えられるよう暗記をしてください。

特に②と③はどこでも基本的に共通なので、
内容も受け答えも完璧に仕上げる必要があります。

(2)数<経験>をこなす

上記(1)のとおり暗記したとしても、
いざ面接本番って、相手が複数人で目の前に座っているので、
緊張します!

そのため、
数をこなすと場の雰囲気に慣れたりするというプラス面がありますよね。

あと、暗記したけど上手くしゃべれなかったりとかの反省点も見えてくるので、
いきなり第一志望を最初の面接タイミングに合わせるのではなく、
そのまえに何社か受験できると、

慣れ+調整が出来ると思います。

(3)第三者に見てもらって練習→改善する

実は一番大事なのは、これだと思います。

自分自身でQAを作ったり、
学校の教授や就職支援室なんかに見てもらうのももちろん大事ですが、
面接のテクニックってなかなか言葉で表すことが出来ませんよね。

そのため第一線の会社員に見てもらう/面接練習してもらうのが
いちばん現実に沿ったアドバイスを受けることが出来ます。

・少し上の会社員
・企業の面接官をやったことる人
・同じ大学の先輩(OB/OG)=就活の勝ち組

なんかを捕まえて、QAのアドバイスや面接練習をしてください。

(1)~(3)までをちゃんとやっている学生さんと、
やっていない学生さんは、採用する側からすぐに見分けが付くんですよ!
17.JPG

ESの提出も済んで無事通過すれば、
次のステップとなる面接やGD(グループディスカッション)に進みます。

ESの提出が終わって次に進んでいる学生さんだけ、
ここから先を読んでくださいね。

さて、
グループディスカッションを勝ち抜くためには!です。

ポイントはたった3つです。

(1)発言する
(2)自分の得意な「役割」をする=不得意な「役割」をしない
(3)参加者全体で創り上げる

まず大前提として、企業によってGDの評価は加点方式・減点方式・加減点方式と分かれますが、
結果はどの方式でもあまり変わりません。

発言した時に採用担当者が鉛筆を動かしたとか
チラチラ見なくても大丈夫です。

それでは細かいポイントに。

(1)発言する

これは必須です。
どんなGDでも発言しない=ご縁が無かったことになります。

他の人に司会とかリーダの役割を取られたりしても、
メンバとしてきちんと発言することが大事です。

発言内容はGDの話題に関して自分の考えを
・結論を先に言う
・理由を簡潔に述べる
・枝葉末節ではなく幹(主題)に関して述べる
ことです。

(2)自分の得意な「役割」をする=不得意な「役割」をしない

リーダーに適する人、縁の下の力持ちに適する人、
など企業は様々なタイプの人材を求めています。

もちろん企業によってリーダを多く採用したいとか、
寡黙だが研究者とか技術者とかをたくさん採用したいとかの偏りはありますが、
通常様々なタイプの「人」で成り立っています。

GDはミニチーム・グループでどんな振る舞いをするのか?を見ているので、
リーダだけが次のステップに進むわけではありません。

しゃべりがあまり得意でない学生の場合は、
書記(ホワイトボードに書く・ポストイットを書くので貼り付ける)係をして、
全体の意見を振り分けたり、

まとめ上げていくことも重要な役割です。

・単純に書く、貼るだけではなく、似た意見をまとめるとか、
議論の方向がずれ始めたら修正することも会社にとって重要です

(会社を正しい方向に進めていくというのは意外と重要なことです)

司会やリーダでなくとも
「与えられた議論に貢献している」
ことをきちんとアピールしましょう!

大人しくて人前でガツガツしゃべるのが得意でない人は、
是非「目立つ」後方支援の係になるのも得策かもしれません。

(3)参加者全体で創り上げる

賛成意見、反対意見、発言の多い人少ない人、
様々なケースがあると思います。

大事なのは、発言していない人がいれば、
司会・リーダの話を少し止めて、
(発言していない)○○さんはどう思いますか?等、話を振っていきましょう。

GD参加者全員で1つの会社(運命共同体)としたときに、
・たまたま発言していない人を切り捨てる
・議論に参加させて戦力化すること
のと、どっちが会社にとって大事でしょうか?

もし後半になってもまだ発言していない人がいたら、
一度気にかけてみましょう。
今の時期(スタート時期)で就活って何が大切なのか3つ書いてみますね。

13.JPG

(1)今の時期は不安だらけです

どんな業界?どんな仕事?ってまだまだモヤっとしていて、わからないことだらけだと思います。
なので、

・多くのOB/OG、異業種の人と会って話す

ことが大事です。もちろん就活という切り口でも、
人生と言う切り口でもなんでも構いません。

いろんな考え方を聞き、語り、吸収して就活に活かせる最後のチャンスです。

(2)間口を狭めない

大学や短大で●●を勉強して来たから、
それを活かした仕事をしたい!と思うのは当たり前です。

ただし、就職は勉強とことなり、労働して対価を得るところ、
なのであくまでも勉強を活かすところではありません。

活かすことが出来れば有利ですが、就活スタート時期から、営業だけに絞るとか、
ITの●●言語開発だけに絞るとかにすると、就活後半になって苦しくなります。

最初は自分の適性を見るためにも、社会をあまり知らないという意味でも、

・決めつけで間口を狭め過ぎない

ことが大事だと思います(一部の専門職(医業・研究開発・法律系)は別ですが)。

(3)数多くの企業に接する

就活って残念ながら企業が学生を選ぶ場になっています。

そのため学生さんからのアプローチが無いと始まりません。

いろんな会社にアクセスるのってほんとめんどくさいと思いますが、
様々な業種、様々な企業に接してESいっぱい出して、
まずは書類選考を通過して一次面接(グループディスカッション)まで進んでください。

そのためには、数打ちゃ当たるのも戦法のひとつになりますので、

・まずは数多くの企業にアプローチする

ことが大事だと思います。

そのためには、3月のスタート時期には、

・エントリーシートの完成度が超重要

になります。

どんなエントリーシートが良いか(悪いか)、も前に書いていますので、
見てみてください。