3.JPG

ここは、理系就職で内定をもらうための技術面接やその後の面接

の攻略法を解説するサイトです。
就職活動をがんばっている皆様へ


私はテレビでもお馴染みの某化学メーカー

(一部上場、社員3000 人)のケミカルエンジニアです。


会社で何年か働いている間にリクルーターで出身大学

を訪問したり、会社説明会で座談会に参加したりする

機会を何度か経験しました。


その経験を元に面接での質問の内容や答え方を解説した

マニュアルのようなものを提供したいと思い

「理系面接合格の為の内定をもらう技術面接での質問の答え方」

としてサイトを立ち上げました。


15.JPG


無料ですが、私の考えられるすべてのテクニックを書き込み

ましたのできっと参考になると思います。


現在掲載されている内容は、以下の項目です。

カテゴリーページで詳しく解説しています。


第一条.「入社してからどんな研究をしたい?」という質問で、「大学で行っていた研究を会社で役立てたい」と答えてはいけない。

第二条.研究の内容を説明するときは、「コスト」の意識を持っておくこと

第三条.研究の内容を説明するときは、苦労した点を入れて話す

第四条.短い言葉で答えられる質問でも一言付け加える

第五条.マニアックな趣味の話をする


これからも包み隠さず本音で書いていくつもりです。

これから技術面接を受けようとする人の役に立てたら

いいなと思っています。


皆さんに内定をもらう喜びを味わって欲しいですし、

会社で研究者や技術者として活躍して欲しいです。


もしかしたら、いつか同じ会社で働いているかもしれませんね。


何か就職活動に関する質問がありましたら、下記メールアドレスで

受け付けていますので遠慮なく送ってください。


では、



◇ 発行者: 廣海 好

◇ ご意見・ご感想:hiromikou@hotmail.com

7.JPG

今回はバスの運転手を目指したAさんの手記です。

=============================

書類選考は通過して面接と筆記試験を二回受けれず。

在職しながら転職する難しさを痛感しています。

面接と筆記試験を受けれなかったのは在職してる職場が休ませてくれなかったため。
もちろん別の偽りの理由で休もうとしました。

時給パートの賃金では…。
在職中の職場も人足りないわけで、それはわかります。しかし…。

二回も面接試験を当日に行けなくなりましたとなると
(もちろんその旨は連絡してます)もうダメだろうと諦めてました。

しかし履歴書などの書類が一向に郵送されてこない。

そしたら今日採用担当者様から次の採用試験受験についての意思確認の電話が!

しどろもどろでうまく話せないながらも現在の職場で休みを取ることの困難さを説明。
こんなこと採用側には関係ないことなのは重々わかってはいますが。

来年1月○日に面接と筆記試験があります。
ただ今日は正式に申し込まないでおきました。
なぜなら休めるかどうかが…

採用担当者様にはあらためて受験するか連絡するということで今日は終えました。

困りした

そういえば、
ダンプもバスも女性の方活躍してますね!
自己分析について、

具体的にどのような活動を行っていけばいいのか?


まずは、このことを理解して下さい。

人間の欲求は、あなたのものも含めて、

以下のものに該当します。



マズローの五段階欲求


①生理的欲求

・・・食べたい、排泄したい、寝たい等

人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求


②安全の欲求

・・・守られたい、攻撃をうけたくない等

人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求


③親和の欲求

・・・他人と関りたい,他者と同じようにしたい等

集団帰属の欲求


④自我の欲求

・・・目立ちたい、1番を取りたい等

自分が集団から価値ある存在と認められ,尊敬されることを

求める認知欲求


⑤自己実現の欲求

・・・自分自身であり続けたい、好きなことをやりたい等

自分の能力,可能性を発揮し,創造的活動や自己の成長を

図りたいと思う欲求


です。これは、マズローという心理学者が

提唱した、「人間の5段階欲求」というものです。


人間の欲求は、5段階のピラミッドのようになっていて

底辺から始まって、1段階目の欲求が満たされると、

1段階上の欲求を志すというものです。


マズローの5段階欲求を覚えて頂けましたか?


人間の欲求は、5段階のピラミッドのようになっていて

底辺から始まって、1段階目の欲求が満たされると、

1段階上の欲求を志すというものです。


実は、これ以外にも存在するのです。

それは『他己実現の欲求』というもの。

人のためになりたい、自分を犠牲にしてまでも、●●を

守りたい!というもの。


「あー、そう欲求あるある!」と思ったあなた。


私もそう思いました。


皮肉を言うわけではありませんが、

本当に心から思っていますか?

その気持ちは本物ですか?

この「他己実現」というものは、半端な欲求ではありません。


5段階欲求のピラミッドの外側に位置しているからです。


他人のためになっていることが自分のため、

とか他人のために自分を犠牲にすることは素晴らしいことだ!


とか思っている内は、他己実現はありえません。


だから、大抵の人は、未熟者なので、備わっていません。


しかし、世の中に、この気持ちは溢れるほど、

たくさんあるのです。


それは、親の愛。


親の愛は、まさに、何を犠牲にしてでも、この子を

守るという他己実現と言えます。


この気持ちを、まったくの他人に向けること、

それが他己実現なのです。


私が知っている、それが本当の意味で実践できた

神のような人間、それは、マザー・テレサです。


彼女に学ぶところはとても大きい。


ぜひ、彼女に関する伝記を読んでみて下さい。


・・・と今日は、就活から大きく話がそれましたが

人類にとって、大事なことだと思ったので

書かせていただきました。
【具体的なイメージがついたとき】人は「なるほど」と思う――。


では、どう話せばいいのかについて解説します。


■『思考』→『行動』→『思考』→『行動』という順番で

話していくのです。


A「自分はダンスをやってきました」

Q「なぜやったんですか?」

A「高校時代、体育の時間が終わると、頭でくるくる回る友達が、

皆を沸かせているのを見たんです。(行動)

そこで、私は、体1つで熱狂した空間を作れることがうらやましい!

私もそんな場を沸かせられる武器がほしい!

と思ったんです(思考)それで、マネし始めたんです。(行動)」

Q「なるほど。それで、次、どうなったんですか?」


と、ここで、「なんで?」という質問が終わりますよね。

ここまで答えられるようになると、自己分析は終了です。


つまり、自己分析とは、

『思考』→『行動』→『思考』→『行動』という

サイクルの中での

『思考』と『行動』両方について、

時系列順に【思い出していくこと】なんです。


そう。具体的なイメージやシーンは本人も忘れているのです。


だから、それを思い出す。その作業が、『自己分析』です。


私が学生だったとき、自己分析のやり方は、

「コアを見つけること」だと教わりました。


そして、「面接官に何を聞かれても、

最後はそのコアに結びつけて話す」と教わりました。


確かに、それも面接官に強く印象をつけるための

1つの有効的なやり方ですが、これでは不十分です。

コアが「自分の価値を高めること」だとします。


Q「なぜ、そのゼミを選んだんですか?」

A「自分の価値を高めるためです。」

Q「なぜ、そのサークル(部活)を選んだんですか?」

A「自分の価値を高めるためです。」

となりますよね。


これだと、その人が良くわかりませんよね。

具体的なイメージがつかみにくですよね。

それよりも、


Q「なぜ、そのゼミを選んだんですか?」

A「私は経済学を2年間学んできて(行動)

近い将来実践するであろうビジネスに結びつく

勉強をしてきてないなと思ったんです(思考)

それで、一番ビジネスに近い勉強は●●ゼミかな

と思い、選びました。(行動)」


と答える方が、よっぽどわかりやすいし、

面接官に伝わりますよね。


では、次回は、自己分析について、

具体的にどのような活動行っていけばいいのか

話したいと思います。


それでは。
今日は「自己分析」について説明していきましょう。


就活で必ず出てくる、『自己分析』。


みなさんは『自己分析』について、どんな理解をしていますか?


「自分を知ることでしょ」

「自分を発見することでしょ」

って声が聞こえてきそうです。


(私はそう思っていました。)


一般的なやり方は、自分が行動したことを数個書き出して、

それに対して、


「なぜそれをやったか?なぜそう思ったのか?」を

 繰り返すとされていますよね。

 でも、それだけだと不十分なんです。


例えば、

A「自分はダンスをやってきました」

Q「なぜやったんですか?」

A「目立ちたかったからです」

Q「なぜですか?」

A「なんでって、目立ちたかったからですよ。」

Q「・・・」

と、終わってしまうんです。


こんな経験をしたことのある学生・就職留年生いませんか?

これ以上、話が進みませんよね?


ここでの間違いは何か?


■それは、『現在』と『過去』がごっちゃになっていることなんです。


まず、1つ覚えて下さい。


人に自分の自己紹介をするとき、人が「なるほど」と思うのは、

【具体的なイメージがついたとき】なんです。


「~ということがあって、そのときを君は~と思って、それで~したのか!」

というように。


では、どう話せばいいのか。


具体的なテクニックを次回話したいと思います。

それでは。